節分の由来と意味『豆まきって何でするの?』に答えます

豆まき 由来 意味

スポンサーリンク

節分の由来と意味について

「節分」の画像検索結果

節分とは?

節分とは、季節を分ける、つまり、季節の分け目を意味します。季節が移り替わる節日のことを指し、「立春・立夏・立秋・立冬」とそれぞれの前日を節分と呼ぶわけです。つまり実は1年に4回も”節分”があるんです。

 

なぜ、2月3にち?

1年に4回も節分があるとしたら、なぜ『2月3日』が節分なのかって気になりますよね。これは、春が1年の始まりを意味するからだといわれています。春夏秋冬と書くように、春は1年の中でも始まりを意味します。同様に、立春・立夏・立秋・立冬の中でも、立春が、冬から春への移り変わり(≒新年への移り代わり)とされています。

 

節分をする意味って何??

先ほど述べた通り、節分は季節の分け目の前日を指し、一般的に節分の日とされている2月3日は新年への移り代わりを意味します。つまり、春が始まる(≒新年が始まる)前日にこれから始まる1年が不幸や災いのない1年になりますように」ということを願うことが、いわゆる節分の日です。

 

豆まきって何でするの??

節分の意味はなんとなくでもご理解いただけたと思いますが、まだ最大の謎が残されていますよね。そうです。豆まきについてです。なぜ節分では豆まきをするのか、これからまとめます。

 

豆まきの由来

「鬼は外、福は内」と豆をまきますよね。なぜ豆をまくことになったのでしょうか。4コマ漫画的4部構成で説明します。

 

①むかしむかし、あるところに、京都に、鬼がいました。

②鬼は出現するや否や、みんなを困らせました。

③ある者が、毘沙門天という神様からお告げを聞きました。

④その者はお告げに従い豆を鬼の目に投げて鬼を退治しました。

 

このような背景から、豆をまいて鬼を退治するという風習が生まれたとされています。ちなみに何で豆なのかというと、『魔(ま)を滅(め)する』という過去の風習アルアルともいえる親父ギャグからきています。

 

豆に関する豆知識

投げる豆は、『煎った大豆』でなければなりません。なぜかというと、生豆はそこから芽が出てくるからです。豆は”魔”を意味しましたよね。”魔”から芽が出ることは不吉です。そんな意味から豆まきでは、煎った豆を使うことになっています。

 

まとめ

昔は今で言う大晦日のようなものが2月3日だったので、節分では、1年がハッピーな年になるように願いながら、悪いものを追い払うために豆をまきましょう。というのが節分の日ということです。

 

豆まきセットなら、こちらがオススメ!

最後に、豆まきをするという人にオススメのセットを紹介いたします。赤鬼青鬼セットを使って、元気な子供たちから豆を投げられよう!

 

赤鬼セット&青鬼セット

鬼になりきって豆まきをしてみてはいかがでしょうか?子供たちが喜ぶに違いありません。

スポンサーリンク
豆まき 由来 意味

国内最大級の学割情報サービス 『ガクワリ』

「ガクワリ」は、国大最大級の学割情報サイトです。安く、楽しく、充実した学生ライフを過ごせるように、日々情報を更新しております。

1 個のコメント

  • […] 今年も節分の時期になりました。節分と言えば、豆まきですよね。「鬼は外!福は内!」と叫びながら鬼役のお父さんに豆を投げつけるのが通例です。由来は、『魔(ま)を滅(め)する』というところからきているそうで、「今年一年不幸なことが起きないように!」という願いから豆まきをすることになったそうです。節分や豆まきに関する意味と由来は、こちら。 […]

  • ABOUTこの記事をかいた人

    都内に住む20代前半(男)。同棲中で怠惰な彼女のため、安く、美味しく、健康的な料理を作ることに日々頭を悩ませている。包丁を持ち始めてから数ヶ月。2017年4月から料理を始めたばかりの超初心者。今日も元気に奮闘中。